記事一覧

魔法の夜

雪が降り出しそうなほど寒い夜にその満月は輝いていた。窓を開けそれを見た時、私は中学からの目論見である「満月の夜に神社に行く」を今夜達成すべきだと確信した。自転車を漕ぎながら空を見ていた時、この明るさは随分魔的だなと思った。今思えばこの満月からの光には何も色や感覚を感じなかったので、それも原因しているのかもしれない。神社の境内に入るとそこは魔法みたいな空間だった。光と影が支配していて、ただ白黒の世界...

続きを読む

ほのかに白くなった屋根が真円の光に照らされて、キラキラする様はとても楽しいものでした。...

続きを読む