記事一覧

流星群

自転車で坂を下ると少し生ぬるい風が頬を撫でる。空を見るとやや靄がある。不安。光を抜けて山にいつもの場所に。視界がすっと抜ける。空が真上だけがくらい。赤い月と夏の大三角を数える。空に白鳥をみた。不安通りさだか如何かまぼろい筋を少しみた。帰りの頬は夜露で湿っていて、風は涼しかった。...

Read more

たとい空が少し白ずもうとも、爛々と輝く満月は涼しげで良いものです。...

Read more

寝る前に窓からそっと見える月が好き...

Read more

今日も私はこんな遅い時間に眠ろうと灯りを消しました。ところがふと気付いたのです。明るいな、と。この明るさは知っています。丸い月の太陽の反射光です。 そうなると私はいてもたっても居られなくなり窓から空を眺めるのです。それは白く爽やかな空でした。秋も終盤、冬に入ろうかという寒い空気。しかし余り寒いとは思いませんでした。そこには少し冷たく凛とした月の光が辺りを照らし、ほのかにオリオン座が輝いているのです...

Read more